このブログはSte&Tomoのイタリアでの生活を書いたものです。


by stetomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monte Vecchia

お天気がすっきりしないここ2・3日。なので、キャンプは中止。ランチを食べたあと、近くのMonte Vecchiaという街へいってきました。車で20分ほどのところにある、小さな街。山というよりは、丘のようなところ畑が広がっています。頂上からの眺めは最高。
※カメラを持っていくのを忘れたため、写真は年末12月31日に撮ったものを使っています。


b0110467_18345620.jpg
頂上にある教会。長い階段をあがったところにあります。

b0110467_1835352.jpg
Barとジェラテリアがある広場。
b0110467_18361490.jpg
今の季節は黄色と緑が混ざって、とてもキレイでした。オリーブ、ローズマリー、ブドウの木もありました。

私たちは車を頂上付近にとめて、散歩コースをたどってあるきました。気がつくと、ほとんど下まで降りてきてて、また今度は道路を歩いて頂上まで戻りました。気がついたら、約2時間ちかく歩き回ってました。ヴァカンス中のため、人は少なく、静かでした。
[PR]
# by stetomo | 2007-08-20 18:46 | Vacance(休暇)

コモ湖

昨日の夜はまたコモへ行きました。そして、事前に調べてあったオステリアで夕食を食べました。私たちが行ったのはこちら
Osteria Antichi Sapori(名前をクリックするとHPが見れます)

が目を凝らしておかないと、見逃しそうな感じの場所にありました。それくらい、静かなたたずまい。店の中は3箇所に別れ、私たちは7時半頃に行きましたが、まだお客さんはいませんでした。「おいしいのかなあ?」と思いながらも、料理を注文。サービスのクリスピーなフォカッチャはとてもおいしかったです。

b0110467_17451255.jpg
ステちゃんが頼んだのはこちら、Cjalsons。シナモンが星の形になってて、とても可愛い。中身はほうれん草が入ってました。

b0110467_17472815.jpg
私が頼んだのはニョッキ。トマト、ナス、モッツァレラが入っていてとてもおいしかった。

その後、Prosciutto crudo dolce di San Danieleという、ちょっと特別なプロシュートと野菜のグリルを頼みました。食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れてしまった。
(メニューはHPにて、見ることができます)
値段も手ごろで、店員の感じもよし!とてもステキな時間を過ごすことができました。


その後は、コモ湖周辺を散歩。前回はたくさんの観光客にびっくりしましたが、今回は少し少なかったので、ゆっくり散歩。
b0110467_17485882.jpg

途中から、曇ってきて、空には雷雲が出始め、光り始めたので、慌てて車へ戻りました。でも、今回ももちろんジェラートをいただきました。初めて食べた「ピンクグレープフルーツ」のジェラートはさっぱりして、とてもおいしかった。
[PR]
# by stetomo | 2007-08-17 18:14 | Vacance(休暇)

星空のち雨

日曜の午後、お天気がよかったのでキャンプの用意をして、以前いったPian del Tivanoへ行ってきました。ヴァカンスに入ったせいか、たくさんの人が日光浴をしてました。キャンプ場でも、たくさんの人が山でヴァカンスを過ごすのか、たくさんの家族連れを見ました。

今回はBarより、少し離れたところにテントを設置。今回の目的は

流星をみよう!

日本でもたくさんの流星が観測されたと言われてる、ペルセウス座流星群。マンマは金曜日に見たと言ってました。なので、私たちも13日の日曜の最後のチャンスにかけるため、山までキャンプに行ったというわけです。

夕方はキャンプ場近くを散歩し、小さなコンロで夕食のパスタをゆで、サラダと一緒に食べました。深夜まで時間がある、ということで、恒例のPCで映画鑑賞。
その頃にはとても寒かった。フリースを持っていってたけど、半袖のTシャツの上に着てても寒いくらいでした。そして、深夜になるまえに、既にテントには夜露が・・・

映画が終わり、空を見上げるとたくさんの星。でも、寒くてあまり長い間、眺めてることはできず、とちゅうであきらめ、2人して即効寝てました。

朝は太陽が顔をだしてましたが、すぐに雲行きが怪しくなり、雨が降り出しました。とりあえず、テント内を片付け、雨の中、テントを屋根があるところまで移動してから、たたみました。雨が降ってたので、そのまま帰宅。街まで降りてくると、晴れてました(悲)

慌てていった今回のキャンプは、カメラを持っていくのも忘れ、ドタバタした一夜でした。これからはもっと寒くなるだろうし、今シーズンのキャンプはもう終わりかなあ・・・
[PR]
# by stetomo | 2007-08-15 00:24 | Weekend(休日)

巻き寿司

8月のある日は、結婚式で立会人をしてくれたカップルの女の子、Bちゃんの誕生日。プレゼントは、先日訪れたフェスタで買ってありました。たまたま、彼女の誕生日の話をしてたときに、

お寿司が食べたい

といわれ、イタリアに来てから初めて、お寿司を作ることになりました。でも、問題が・・・

それは、米。お寿司を作るのに、米はとても重要なポイント。うちには頼りの炊飯器もないし、イタリアの米を鍋で炊いて、おいしい寿司ができるのか?

それに具財。ステちゃんは魚介類をいっさい食べません。なので、中身を何にするか?
いろいろ考えながら、土曜の朝、スーパーへ買い物に行き、材料を買ってきました。そして、1時間半くらいはかかるかな?と見越して調理にかかりました。

まず、中身は
①ツナマヨ
②スモークサーモンとクリームチーズ
③チキン(味噌とインドネシアのピリ辛ソースであえたもの)

共通の具として、薄焼き卵、きゅうり、レタス、人参(赤み。ホントは蟹カマがほしかった)
お米は5合炊き、作った寿司酢(酸っぱさ控えめ)であえました。1本目を私が見本で巻き、その次、ステちゃんが挑戦。

b0110467_2342959.jpg
途中で、「助けて!」といわれました(笑)

b0110467_234253100.jpg
その次は手伝いにやってきたBちゃんが巻き、結局9本巻きました。上手に巻けてるのも、あるでしょ?

b0110467_23433852.jpg
お寿司だけでは足りないかも?と思い、一緒に鶏肉とカシューナッツの炒め物。スパイスやソースが足りず、あるものでアレンジ。意外と好評でした。

9本巻いたうち、7本切って、2本は2人のお土産に。マンマが「ティラミス」を作ってくれてましたが、お腹いっぱいで、ちょっとしか食べれなかった。みんなは、ご飯なのに軽くて食べやすい!といって、お箸を上手に使って食べてました。お米も意外とうまくいき、巻き寿司を体験したので、楽しかったようです。中身が上手に真ん中にこなかったので、難しい・・・ともいってました。

大切な友人が巻き寿司を自分で巻き、それを食べ、おいしかった!といってくれたので、私もとても嬉しかったです。
[PR]
# by stetomo | 2007-08-15 00:01 | Life(生活)

イタリア版 時代祭り?

テントを設置し、ランチを食べた後は、キャンプ場から車で30分ほどのCarcanoという町で行われていたお祭りに行ってきました。

b0110467_1822791.jpg
簡単に言えば、小さなイタリア版の時代祭り

b0110467_1843215.jpg
昔の衣類、戦闘服をみにまとった人たちが広場に集まってました。小さなブースがいくつかあり、アクセサリーを売っていたり、昔使われていたものを展示したりしてました。

b0110467_1835952.jpg
その昔、使われていたらしきもの。よく古い映画で、お城の上から重いもの(爆弾もあり)をこれを使って、敵陣に投げたりしてるじゃないですか?何て名前だっけ?

b0110467_184593.jpg
鷹匠さんがいて、上手に操ってました。
b0110467_1851819.jpg
1羽だけ他のものと、違ってとても凛々しい。

b0110467_1833059.jpg
この人、本当は若い女性なんですけど、魔女のふりをしてました。2つのガラス玉をもって踊ったり、子供たちに大人気。
b0110467_183316.jpg
そして、メインイベントは実際に戦闘服をきてのショー。かなり重そうでした。私はあまり興味ないけど、ステちゃんは興奮して何枚も写真をとってました。

夕食はここでピザを食べました。値段もそこそこ、味もおいしかった。そして、キャンプ場への帰り道、山道をくねくね走りながら見たのは
b0110467_182598.jpg
ちょうど太陽が沈む頃で、その光が山の斜面にあたり、とても幻想的な色でした。
[PR]
# by stetomo | 2007-08-07 18:28 | Weekend(休日)