このブログはSte&Tomoのイタリアでの生活を書いたものです。


by stetomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お散歩日和

お天気もよく、暖かかった日曜の午後、友達カップルを誘って、前に住んでたところの近くcesano madernoへお散歩に行ってきました。普段は家でこもってばかりだし、1人で歩くのは、ちょっと危なくなってきた私。でも、運動も必要です(笑)

元もとは、個人の大きなお屋敷と庭だったらしいけど、昨日はお屋敷の中も一般公開され、写真展が開かれていました。お屋敷の入り口付近は、ちょっとしたイベントも・・・

b0110467_22164417.jpg
一番小さな男の子がシンバルを緊張した面持ちで、握ってたのがとても印象的でした。
b0110467_22173591.jpg
キレイに手入れされた庭。犬は入ることができません。
b0110467_22182375.jpg
ピクニックをしてる人もいないので、ゴミも落ちてませんでした。
b0110467_22185742.jpg
庭の中のお気に入りの場所。葉っぱの色も、黄色く変わり始めてました。
b0110467_22194055.jpg
噴水はあるけど、魚はいないし、お金も投げ込まれてませんでした(日本人感覚?)
b0110467_22203017.jpg
持ち主の趣味が現れた銅像が、あちこちにありました。

手入れが行き届いて、広すぎることもなく、お散歩にちょうどいい大きさ。前回来たときは、森の中で「うさぎ」を見ましたが、今回はなんと!「ニワトリ」がいました。ベンチに座ってたおじさんの後ろにいたので、もしかしたら、おじさんのニワトリかもしれませんが・・・

亀を飼ってる友人は、自分たちの亀を連れてきて、ちょっとした水路があるところで泳がせてあげたら最高だろうなあ・・・なんて真剣に話してました。

帰りは、お約束のジェラート。近くにBarとタバッキとジェラテリアが一緒になってるお店があって、いつもたくさんの人でにぎわってます。しかも、ここはお値段が変わってません。夏前から、ジェラートの値段、あがりましたよね?7月8月は、ジェラートを食べると気分が悪くなってましたが、最近落ち着いて、またジェラートを食べるようになりました。体重増加に注意しないといけないのに、暑かった昨日は食べちゃいました(笑)

すっかり秋の気配の今日この頃。お天気がいいとお散歩をかねての外出はいいですね、もちろん、ジェラートつきで(^-^)
[PR]
by stetomo | 2008-09-29 22:43 | Weekend(休日)

誕生日

昨日は私の3◎回目の誕生日でした。
朝起きたときに、Steちゃんからの

Buon Compleanno

という言葉で、自分の誕生日だと確認してました(笑)なんせ、寝ぼけてましたから・・・

仕事にでかけたSteちゃんを送り出して、朝ごはん♪と思ってたら、玄関のドアが開き、Steちゃんが大きな袋を持って、サプライズデリバリーといって、立ってました。袋の中身はこちら↓

b0110467_19202345.jpg

こんな大きなバースデイケーキを買ってもらったのなんて、何年ぶりだろう!?

去年は友人が、とてもシンプルなケーキを私のために焼いてくれました。それもとてもうれしかったけど、こちらはまた豪華!
食べることに夢中になると、写真を撮るのを忘れちゃうので、先に写真!

午前中、Steちゃんママからお祝いの電話がありました。そして、日本の友人や家族、日本以外に住む友人からのメッセージをもらって、とても幸せな気分。

肝心のプレゼントは、Steちゃんママには大きくなってきたお腹にあう服を買ったので、それをプレゼントとして、払ってもらいました。
Steちゃんにはキッチン用品をお願いしてあります。キッチン用品っていうと、なんかプレゼントじゃなくて買えばいいじゃない?と思うんだけど、意外に欲しいものがない・・・(汗)
なので、生活に必要なものをリクエストした!というわけです。

夕食は、tosさんに教えてもらった「豚肉のコーラ煮」。お肉は聞いてたものと違ったものを使ったので、見た目はちょっと違ったけど、Steちゃんは「おいしい!」と食べてました。tosさん、ありがとうございます。おいしかったので、一応、成功です。今度、聞いてたお肉で再度チャレンジ!あとは、スープ(じゃがいもと西洋ねぎ)と豆のサラダを用意しました。

そのあと、Steちゃんママ宅へ、ケーキをもっていき3人で食べました。久々に、たっぷりと甘いものを食べたので、赤ちゃんもビックリしたのか、活発に動いてました。

二人で食事をしながら、こんなに穏やかにご飯を食べるのもあと少し。来年の誕生日は、おだやかに・・・なんて絶対無理だろうなあ・・としみじみ思ってしまった誕生日でもありました。
[PR]
by stetomo | 2008-09-26 19:42 | Event(行事)

説明会

土曜日は朝から、病院で説明会。10時15分から始まったのは、助産婦部長さんらしき人のお話。集まったカップルは30組以上いて、11月中旬以降が予定日の人ばかり。
私の目がいくのは、他のお母さんたちのお腹の大きさ!体型にもよるんだろうけど、臨月?と思うくらい大きい人もいれば、私くらいの人もいました。

しおりを渡され始まった説明会。でも説明というより、この先生は「どうして、母親学級に参加したんですか?」とか、質問ばかり・・・
そうしてるうちに時間になり、ひとりの男性医師が入ってきて、いきなり交代。この男性医師は、産婦人科部長さん。女医さんと違って、イスに座りいきなり大きな声で話しだしました。

しかし・・・

なまりがひどくて、わたしほとんど理解できませんでした(汗)

しかも、話し方が田中角栄さんのよう・・・Steちゃんも、
「話し方も、内容もまるでコメディアンだ!」といって、笑ってました。
12時には終わるはずが、12時をすぎても終わらない。しかも、弾丸トークで終わる気配なし。座ってるイスはプラスティックで硬くて冷たい。そんなところで2時間以上も座っていられず、思わず・・・

帰りたいよ~

と、訴える私。10分待ったあと、終わりそうにもなかったので逃げてきました(苦笑)


そして、昨日の夜は小児科の先生のお話を聞きに行ってきました。集まったメンバーは土曜と同じ。食生活や、赤ちゃんの世話、妊娠&出産に関する説明がかかれたしおりを渡され、お話開始。彼女の話し方はとてもわかりやすかったけど、やっぱり専門用語は、まだまだわからない・・・ってことで、ボーっと聞いてると眠たくなってました。

少しだけ聞いた話では、
●イタリアでは、赤ちゃんを仰向けで寝かせるのが普通
●イタリア以外で、粉ミルクを買うと安い!といわれてるが、品質は微妙
●妊婦や赤ちゃんに対しての食生活は、思ってたより細かく指示がある

一方的に話す、産婦人科の先生とは違い、質問に的確に答えたり、内容はとてもよかったです。時間も予定より早く終わったしね。

10月からは私だけが参加する母親学級。言葉が心配だけど、まあなんとかなるか?!と楽天的。そのなかには、体操や赤ちゃんの世話などが含まれ、10月の最後には夫婦そろって病院の中を見学するツアーがあるようです。分娩室がどんな感じか?楽しみ♪
[PR]
by stetomo | 2008-09-23 20:33 | Hospital(病院)

診察日(9月)

今日は月に一度の診察日。予約時間はいつもの中途半端な時間、8時50分
10分前に病院に到着。血液検査と尿検査の結果をSteちゃんに取ってきてもらっている間に、先に診察室がある建物へ。さすがに早い時間だったので、女性が一人待ってるだけでした。今日は長い時間待つことはないなあ・・・なんて、思ってたら甘かった(苦)結局、30分近く待ちました。

今日の先生は、5月に出産した友人のお勧めのいつもの先生。先月は、緊急ごとがあったせいで、別のかなり年配の先生で、耳が遠く、言葉もわかりにくかったけど、この先生だと安心。
その先生の横には、助手らしき女性の先生がいました。

血圧を測り、下の服を脱いで、診察台へ。自分で足を広げる瞬間、これがなんだかと~っても恥ずかしい。今回は助手の先生が診察。赤ちゃんの心音を聞こうと、ジェルを塗ったあと機械をあてるんですけど・・・なかなか聞こえない。どうやら、赤ちゃんがあまりにも動きすぎて、どこに心臓があるの特定できないとか・・・(汗)確かに診察台で私のお腹は、看護士さんも笑うほど・・・

波打ってました(恥)

しばらくして、看護士さんが探し当てた?ので、無事に心音が聞こえました。

先週は、お腹が張ってちょっと心配してましたが、子宮はちゃんと閉じていたので、何も心配はないということで、よかったよかった。

血液検査の結果は同じ。赤血球系の値が低いので、引き続き鉄分の薬を飲むことと、尿検査は異常なし。妊娠糖尿病の心配もなしということでした。でも、来月また尿検査。体重は1kg増。

あとは、無痛分娩のことも相談。血液検査で事前テストをしないといけないそうです。でも、イタリアでは無痛分娩を希望していても、出産当日、麻酔士がいなくて自然分娩だった・・・って話がよくあるらしいので、あまり期待はしてませんが(苦笑)

別の小さな部屋で着替えてる間に、Steちゃんは私のことも忘れ、先生たちに挨拶して出て行こうとしてました。着替えながら、

一人で置いてかないでよ~!

と、思ってたら、先生に呼び止められて、やっと私の存在に気がついたようでした。ははは、ありがとね・・・(怒)
[PR]
by stetomo | 2008-09-16 18:58 | Hospital(病院)

祝 誕生日

しばらく更新ができなかった間に、季節はすっかり秋のよう・・・・。急に寒くなり、今年の夏は終わったって感じです。

9月5日は、Steちゃんの誕生日でした。引っ越してから、近所でプレゼントが買えるような場所はなし、お腹が大きいと歩き回るのも大変(汗)ということで、ネットで見つけた本をプレゼントすることにしました。実家の母に買ってきてもらい、日本から送ってもらいました。それがこちら↓

b0110467_1731256.jpg

漢字えほん(とだこうしろう)

b0110467_1733660.jpg
中身はこんなかんじ。

Steちゃんはずっと独学と私の手直しで、ひらがなとカタカナを勉強してて、最後の「ん・ン」まで読み書きが終わったので、次へステップアップ。掲載されている漢字は、小学校の低学年レベルで、説明に使われてる漢字にも、すべて「ふりがな」がふってあり、Steちゃんにも読めるのでいいかなあ・・・と思って選びました。

これ、意外と面白くて、漢字の成り立ちを、日本人の私が改めて勉強できるんです。今は、勉強できなかった間に忘れちゃった「ひらがな・カタカナ」を思い出すために、漢字の「音読み・訓読み」の部分を読む練習をしてます。難しい本を使って勉強するより、漢字をデザイン的にとらえ、勉強する・・・きっと覚えやすいんじゃないかなあ。
Steちゃんが勉強したら、次は私たちの子供が大きくなったときに使えるかな?とも思ったりして。

残念ながら、誕生日にには荷物が届きませんでしたが(イタリア郵便事情により)、無事に着いたことと、本人が喜んでくれたので、ヨシ!とします。いろんな事情で、ちゃんとしたお祝いはできなかったけど、また新しい1年が彼にとって、健康で幸せな年となりますように・・・


それに、なんといっても、あと2ヶ月もするとパパです・・・(^-^)
[PR]
by stetomo | 2008-09-15 17:56 | Event(行事)

出産準備

赤ちゃんを育てていくのに、絶対にかかせないもの。それはおむつ。イタリアに戻ってきてから、スーパーで見た紙おむつの値段にビックリ!

私たちがよく行くスーパーでは2種類のブランドが置いてあり、それ以外はスーパーの独自ブランド。有名なPパースは、新生児用で28枚入りが7ユーロ前後、Hーズも同じくらいか少し安い程度。日本だと、90枚近く入っていて特売だと1300円!高い、高すぎる!

新生児は、1日に10回以上おむつを交換するらしいから、28枚入りだと3日ももたない!しかも、1ヶ月に換算すると、とんでもない金額になる!ということで、いろいろ考え、妹が肌の弱かった甥っ子を育てしていたときに、布おむつを使っていたことを思い出した。

といっても、海外で布おむつ・・・と思ったら意外!アメリカやヨーロッパでは意外と使ってるママさんが多いとか。ヨーロッパのある国では、布おむつを使ってる家族には、国や自治体から補助金がでるとか?(もちろん、イタリアではありません)それは、なぜか?じつは布おむつは環境にやさしいから・・・

知ってますか?紙おむつが環境に与える影響の大きさを。詳しくはこちらを(布おむつVS紙おむつ

いろんなホームページや、子育てされている方のブログをみてビックリしました。ということで、Steちゃんとも話し合って決めました。わたしたち


布おむつ子育てにします!


でも、ここイタリアで布おむつを探したところ、日本のとはちょっと違う。そこで、日本にいる母や妹におむつを買ってもらい、日本に一時帰国してたSHINOBUさんとイタリアに遊びにきてた友人Sさんにそれぞれ持ってきてもらえるよう頼みました。

昨日SHINOBUさんから荷物をうけとり、荷物がそろいました。それがこちら↓
b0110467_2045264.jpg

写真が暗くてすいません。さらしの輪型のおむつが30枚と、おむつカバーが7枚。おむつの上に敷くおむつライナーの使い捨てタイプと、洗えるタイプ。あと10枚残っていて、残りも近日中に着く予定。これだけあれば、冬でも洗い替えはきくでしょ?これだけのものがイタリアでそろったのも、SHINOBUさんとSさんのおかげ。ずうずうしい頼みを聞いてくれたことに、本当に感謝。ありがとう、大切に使います。

そうそう、布おむつ育児となるとみんな、「洗濯が大変そう・・・」というけれど、子供にかかる手間は同じ。昔と違って手洗いするわけじゃなし、手間といえば干すのとたたむ作業だけ。それに、布おむつで育った子供は「おむつ離れ」が早いし、感情豊かだそうです。なぜなら、最近のおむつは「濡れてる」というのを感じないくらい、高性能だそうです。おむつが濡れたときは、泣いて知らせる。それが普通で、当たり前のことかもしれません。

布おむつで育てる!と決めても、途中であきらめる人もいるようです。なので、私たちは時と場合によっては紙おむつも併用で行こう!と思ってます。

まずは、産まれるまでにぬいぐるみを使って、Steちゃんにおむつの当て方を教えなければ!
[PR]
by stetomo | 2008-09-01 20:45 | Pregnancy(妊娠&準備)