このブログはSte&Tomoのイタリアでの生活を書いたものです。


by stetomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Friends(友達)( 5 )

友人の結婚式

昨日はとても仲が良くて、私たちの結婚式の立会人でもあったカップルの結婚式でした。天気予報で、少しお天気が気になってましたが、曇り晴れ。

そうそう、昨日の結婚式。結婚式の前日になって、新郎から電話があり、「立会人の件なんだけど・・・」といわれ、ビックリした私たち。実は私が日本へ一時帰国する前に、一度だけ立会人の話は出たんですけど、正式に頼まれたわけでもなく、受けたわけでもなく、私がイタリアに戻ってきてからも、な~んの話もなかったので、気にしてなかったんです。それに、私も妊婦だし、体調を気遣って、きっと他の人に頼んだんじゃない?なんていってたら・・・結婚式の前日に頼まれました。彼女側は友人を1人立会人に置きたいということで、新郎側はステちゃんが、立会人の妻ということで私も隣席。新婦側は立会人と指輪をもつ人が座ることになりました。

結婚式の前に、銀行で用があるというので、早くから起きて支度をしてから、出かけました。黒いスーツにネクタイをしたステちゃんはしきりに
「なんだか、殺し屋にでもなった気分だ・・・・・」と言ってました(笑)

銀行での用を済ませ、一度新郎宅へ向かいましたが、花嫁と犬以外誰もいませんでした(苦笑)花嫁がいることじたいがおかしい・・・と思った方はイタリアの結婚についてご存知の方。

そうなんです、本来なら普段はたとえ一緒に生活をしていたとしても、新郎新婦は別々のところ(家)で支度をして、教会やコムーネ(市役所)で初めて結婚式の朝、顔をあわせ、ウェディングドレスを身にまとった彼女を見るんです。でも、彼らは違いました・・・元々彼の家で一緒に生活をしてた彼女は、結婚式の前夜も彼の家で、彼と同じベッドで寝てと普段どおり。しかも、彼は彼女の結婚式の衣装も既に見てました・・・というのも、彼のお母様が花嫁のために衣装を作ったから。私も事前に見せてもらいましたが、とてもキレイでプロ並みでした。

b0110467_20195883.jpg
11時30分から行われたコムーネでの結婚式。彼女の地元のコムーネでした。本人たちに写真の掲載の許可をもらってないので、新郎新婦の姿は載せていません

意外と短かった結婚式。そして、ちょっとしたハプニング!指輪交換のとき、新婦は新郎の右手に結婚指輪をいれてました!(爆笑)あとで、その話をしたら、
新婦 「だって、右手を出すから・・・」
新郎 「仕事のとき、左手だと困るから・・・」って、結婚式なんだから形だけでも左にすればいいのに・・・と笑ってた私たち。

そのあとは、レストランへ移動。
b0110467_2021649.jpg
ここで、初めにアペリティーヴォ。しかし、人がなかなか集まらず、暑いし、喉は渇いてたし、お腹がすいてた何人かはイライラ。

やっと飲み食べ始めたときは、みんなが空腹のピークだったようです(苦笑)その後は室内へ移動。
b0110467_2022321.jpg
新郎新婦の席。私たちは一番近くの席でした。このバルーン、後で出席してた子供たちのおもちゃになってました。
b0110467_20235889.jpg
お料理のなかで、わたしが一番おいしかったのがこちら。ハート型もかわいい、リコッタチーズが入ったラビオリにくるみのソース。あとは、食べるのに忙しくて、写真を撮るのを忘れてました。
b0110467_20245584.jpg
こちらは2人が手作りでラッピングしたボンボニエーレ(引き出物)ちなみに、立会人の私たちは、手前の大きな箱をいただきました。
b0110467_20281850.jpg
こちらの花もいただきました。コムーネの階段のサイドに、早朝に並べてあった花。新郎が新婦のために並べたらしい・・・
b0110467_20263015.jpg
そして、こちらがウェディングケーキ。中は濃厚なチョコレートクリームが入ったシュークリームの山。それをたっぷりのクリームでコーティング。私は食べれないので、頂きませんでした。

セコンド(お肉料理)の前に、外で休憩。その間に、シャーベット(青リンゴとカフェ味)が振舞われ、ケーキカットと写真撮影が行われました。

最後のカフェが出されたのは、17時ごろ。私もステちゃんもさすがにクタクタ。2人で眠いね、頭痛いね、足痛いね・・・なんていいながら、やっとのことで引き上げてきました。家に帰ったら19時。自分たちの結婚式以上に疲れた1日でした。それにしても、雨が降らなくて良かった・・・

仲のいい二人が、いつまでも健康で末永く幸せでいられますように・・・
[PR]
by stetomo | 2008-07-04 21:10 | Friends(友達)

おそばと手作り豆腐

昨日は近くに住む日本人友人の家に、お邪魔してきました。最近、新しいアパートへ引越し、旦那様と二人で生活を始めたばかり。ランチを一緒に♪ってことだったので、この前、チャイナタウンへ行ったときに買った、「そば」を持って出かけてきました。

歩くとちょっと遠いということで、わざわざ迎えに来てくれた彼女。イタリアで、しかもマニュアル者を運転してるだけでも、尊敬してしまいます。

新しいアパートはとても日当たりがよく、見た目は1軒屋がいくつも立ち並んでるように、見えました。南向きの格子をあけ、ドアを開けて入ると、かわいいキッチンダイニングとリビング。太陽の光がたくさん入って、とてもいい感じでした。彼女の家には、地下に大きなリビングルームがあって、ビックリ。たくさん友達を呼んで、パーティーもできそうです。

そして、お腹がすいたということでランチ。おそばは「かけそば」でいただきました。あっさりしたスープに、ネギととろろ昆布、かつお節をのせて。

それに、豆腐。彼女が作ったというからビックリ。日本で「手作り豆腐セット」みたいなキットを買ってきて、こちらで作ったそうです。
こちらも、ネギとかつお節をのせて・・・

※ カメラを持っていくのを忘れて、写真がありません(汗) 

はじめは、豆腐自体がどんな味か食べてみたい!と思い、醤油なしで食べると、これが

おいしい!

大豆の味がちゃんとして、甘い!気がついたら、最後まで醤油なしで、食べてました。日本へ帰ったら、ぜひこのキットを探さねば!実はステちゃんもお豆腐大好き!チャイナタウンで買った豆腐は、

何か、違う・・・日本の豆腐のほうがおいしい・・・

と、食べません (1度や2度食べただけで、豆腐ツウな彼)

その後は、おいしいお茶を飲みながら、まったりしてました。おやつに「あられ」なんか、もらったりして♪
去年は食べれなかったけど、年越しに食べる「おそば」を今年は一足お先に、食べることができました。あっさりとして、しかもスープも一緒なので、体は温まり、お腹もいっぱいに・・・和食っていいな・・・なんて。
[PR]
by stetomo | 2007-12-29 18:31 | Friends(友達)

和食は最高!

土曜日のランチは、以前からブログにコメントを下さる、saru-mimiさんのところへ行ってきました。以前から
年内に1度お会いしましょう!
と話していて、saru-mimiさんの仕事がお忙しい中、お会いすることが出来ました。

隣町の駅から、saru-mimiさん宅の最寄の駅まで、直接いける電車に乗ったら、電車の中は、ミラノのフィエラへ行く人でいっぱいでした。
幸い遅れることなく到着し、駅にはsaru-mimiさんと、もうすぐ3歳になる息子さん(Rくん)がお迎えにきてくれていました。息子さんは本当に写真と同じで、目がクルクルしてかわいい♪
お父さんのsaru-mimiさんが
日本に行ったら、モデルになれる!
と言ってましたが、本当に立派なモデルになれますよ!

駅から5分、フィエラの会場横を通り過ぎ、saru-mimiさんのお宅へ。出迎えてくれたのは、ブログで少し知っていたイタリア人の奥様(Cさん)。細くて、と~ってもきれいな奥様。しかも、日本語を話せるので、私はちょっと「ホッ」としたりして・・・
この日は、寿司シェフのsaru-mimiさんが、私たちにランチを作ってくれるということで、お言葉に甘えて、ずうずうしくお邪魔しました。しかも、私は事前に
わたし、野菜が食べたいです!
とリクエストしていました(苦笑)

saru-mimiさんがランチの用意をしてくれてる間、私はRくんのお気に入りの車と本を見せてもらい、奥様とちょっとお話。彼女は日本大好き!で、日本に帰りたい!といってました。行きたいじゃなくて、帰りたいなの?なんて、思わず聞いてしまいました。

そして、saru-mimiさんが私たちに作ってくれたのはこちら↓
朝ごはんにキウイを1個食べただけで、お腹がすいてた私。料理の説明も聞かずに、ガツガツ食べてました。これにはsaru-mimiさんも、ステちゃんも驚いてたよう。

b0110467_18261020.jpg
魚はステちゃんは食べませんでした。でも、ほんのりごま油が香ったモヤシと卵はかなり気に入っていたようでした。
b0110467_18273327.jpg
お刺身 どれもこれも新鮮でおいしかった!特別に?出してくれたハラペーニョ(青唐辛子)と一緒に食べても、おいしかった。
b0110467_18283356.jpg
魚が入ったお吸い物。あとカルパッチョ(かな?)。大葉と一緒に食べると最高!と奥様が勧めてくれました。

奥様は大の日本食ファン。ステちゃんは魚は苦手なので、別にお肉を焼いたものを用意してくれていました。お肉には、バルサミコ酢とハチミツを使ったソースがかかってて、おいしかったそうです。

久々の本格的な和食。しかもお刺身!新鮮で、とてもおいしかったです。どれもこれも薄味で、素材そのものの味がします。かぶらは甘くて、シャキシャキしてました。タラはプリプリしてて、おいしかった!

ちゃんと料理の説明を聞いてたら、もっと詳しく書けたのに、お腹はすいてたし、料理はおいしいしで、話どころではなかった・・・(恥)
すいません、saru-mimiさん

途中でお昼寝をしたRくん。私たちはワインとスプマンテを飲み、いろんな話をしながら楽しい土曜の午後を過ごしました。
saru-mimiさん、おいしい料理をありがとうございました。奥様はとても気を使ってくれて、日本語をまぜて、たくさん話かけてくれました。Rくん、見てるだけで可愛くて、幸せに気分になります。

ブログを通じて、また新しくステキなご家族にめぐり合うことが出来ました。そして、実際お会いして、一緒に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

saru-mimiさん、奥様、Rくん、本当にありがとうございました。また、お会いしましょうね。
[PR]
by stetomo | 2007-12-11 19:39 | Friends(友達)

金曜の夜

12月7日は、よく一緒に遊ぶ友人SHINOBUさんの旦那様、
シゲさんの誕生日
SHINOBUさんとハルちゃんは、一足先に日本へ里帰り中。なので、ステちゃんと、私は2人でシゲさんの誕生日のお祝いに押しかけていってきました。

お土産に前日に仕込んだシチューと、再び作ったタンタン麺の材料、あとはスプマンテとパスティチーニを持って行きました。
タンタン麺の肉味噌に、今回はちゃんと味噌をいれたので、前回よりもかなりおいしく出来ました。シゲさんんは麺をゆでて、スープを作ったらいいように、ネギとゴマも全てセッしてわたしました。
大きくきった野菜が入ったシチュー。ステちゃんはお肉が柔らかくておいしい!と好評でした。温めたらいいだけなので、シゲさんにもおすそ分け。

その日は、3人でピッツアの宅配を頼みました。待ってる間にお腹がすいてきて、パスティチーニを3人揃ってつまみ食い。
b0110467_19194223.jpg


ピッツアが到着したら、お腹がすいてた私たち(私たち2人だけ)はかなりの勢いで食べてたので、写真をとるのも忘れてました。

そのあとは、近くのボウリング場へビリヤードをしに行ってきました。
b0110467_1920224.jpg
SHINOBUさん、シゲさんかなり上手よ♪
b0110467_1934681.jpg
ステちゃん、とっても上手なシゲさんにかなり燃えてました。

たいしたお祝いはできませんでしたが、シゲさんはステちゃん相手にビリヤードを楽しんでいたように思いました。私は2人のレベルについていけず、途中からそばで見てました。ビリヤードは5年ぶりにやったといってましたが、シゲさんかなりの腕前です。また、行こうね。楽しい金曜の夜でした♪
[PR]
by stetomo | 2007-12-10 19:41 | Friends(友達)

墨を楽しむ

土曜日の午後、私たちはミラノへ行ってきました。一番のお目当ては、Mixiのお友だちMさんにお会いすること。彼女はミラノで書道を教えていて、展覧会を開催するということで、行ってきました。

私も小学校を卒業するまでは、書道を習っていましたが、中学校になり部活道が忙しくなり、やめてしまいました。でも、書展などをみるのは大好き。

地下鉄サンバビラ駅を降りてから、すぐのところ。そこだけが「和」の空間。お香がたかれ、なんだかとても懐かしく感じながら、書と墨流しの作品を見て来ました。
b0110467_21442833.jpg

左端がMさん、先生、Nさん
写真 Nさんがアップしたら切れちゃってすいません。クリックして、オリジナルサイズでご覧ください。
b0110467_21103149.jpg
デモンストレーションで墨流しにチャレンジ。
墨流し ・・・水をはった容器に、墨をたらし、半紙をくぐらせて、動かすことでいろんな模様が描くことが出来ます。
b0110467_21105934.jpg
Nさんの横にあるのも、墨流しの作品。先生は2度と同じものはできない、とおしゃっていました。

ステちゃんは、縦長の墨流しの作品(1枚目の写真中央)がとても気に入ったようです。墨汁ではできない、とても味わいがある墨。先生が、
イタリアにいるからできないじゃなくて、何でもチェレンジしてみなさい・・・

と、いってくれたのが、とても心に残りました。私たちはNさんの作品の小さい色紙に書いた書を友人への土産として、そして、私たちには「和」とかかれたものを買って帰って来ました。

残念ながら、月曜日で展覧会は終了。先日チャイナタウンで、ステちゃんに書道のセット(中国版)を買ってもらったので、趣味がてらまた、始めようかな・・・

Mixiを通じて知り合ったMさんのおかげで、ステキな日本の文化のを再発見した気持ちになりました。そして、Nさんんと先生。お2人とも、とてもすてきな人でした。お土産に「甘納豆」まで、もらっちゃって(笑)ステキな時間をありがとうございました。

先生のHPはこちら
[PR]
by stetomo | 2007-12-03 21:35 | Friends(友達)