このブログはSte&Tomoのイタリアでの生活を書いたものです。


by stetomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Hospital(病院)( 9 )

病室にて

出産後72時間は、入院生活となる。夕方産まれた赤ちゃんは、その夜はいろんな検査のために、管理される。私は、紅茶とビスケットを食べた後、病室へ。二人部屋にはすでに、別のお母さんがいた。

病院内は、信じられないくらい暑く、縫ったところの痛みもあって、なかなか眠れず。

朝5時半。病院内が騒がしくなる。検査などは、この時間から始まる。先に、掃除、その後朝食。カフェ・オ・レ・か紅茶にビスケット。こんなんじゃ足りない・・・なんて思いながら。病院は信じられないくらいうるさい!分娩後で疲れきったお母さんたちがいるのに、ドアはバタバタしめる、大きな声で時間を気にせずしゃべる。イタリアの病院は気がきかないな・・・と思う。

1時間もすると、赤ちゃんが連れてこられる。「自分の赤ちゃんだっけ?」と一瞬思う。看護士は何もいわず、おいていくだけ。「何をすればいいの?」と思いながら、周囲を見ると、別のお母さんは乳児室で授乳をしているのが見える。でも、私はどうやっていいのかわからず、結局Steちゃんが来るのを待つ。赤ちゃんがそばにいるということは、今からすべての世話は私がしないといけないということ・・・大変!

Steちゃんが来て、授乳に挑戦。といっても、うまくいかない・・・私も初めてなら、赤ちゃんも初めて。でも、吸わせることが大事!と小児科医にいわれ、わからないまま吸わせる。
吸い付くが、母乳がでてるのかどうかわからず。近くのお母さんは「母乳が出てきたように思う」なんていうのを聞くと少しあせる。

昼食を食べた後、夕方の面会が始まる。といっても、赤ちゃんはガラス越し。この病院へ平日2回だけ。夜の面会には友人が来る。みんな「大きい!」とびっくり。

明快時間が終わり、消灯。今夜からは赤ちゃんは私のそばで寝る。看護士が、泣いたらこれを飲ませなさい、と「砂糖水」のようなものを置いていく。やはり泣いてばかり・・・一人の赤ちゃんが泣くと、コンサート状態で次々に。私も隣に気を遣って、病室を出て乳児室にいったりする。結局、ほとんど眠れず、一日目をすごす。
[PR]
by stetomo | 2008-12-03 23:41 | Hospital(病院)

いよいよ!最終週

気がつけば、予定日まで1週間をきっていました(汗)

最近では、1日に何度も下腹部がキューっと痛くなったり、赤ちゃんが頭でつついてる感じがするので、「本当にもうすぐだわ!」と思う毎日。

今朝は、最後の定期健診に行ってきました。
まだ子宮は開いてませんが、赤ちゃんも下がってきてて、全て順調とのこと。心音も元気に動いてました。

無痛分娩に関しては、あまり推奨してないのか、話を濁してた先生。
しきりに「まずは様子を見ましょう、しなくても大丈夫だよ」と言ってました。きっと、やらないだろうなあ・・と既にあきらめムードの私。


長かった妊娠期間。最終週に入って思うことは、私の妊婦生活は意外と楽♪だったこと。
妊娠初期は、よく吐いてた(食後の度に)のと、よく寝てた以外は普通。
中期のつわりのピークが終わったあとも、いきなり体重が増えることもなく、過ごしました。
後期は、さすがに簡単に太って焦った・・・(汗)食べてる量は変わらないのに、なぜだか太ります。なんででしょうね・・・?

でも、妊娠後期特有の腰痛もなし、こむらがえりもなし、夜中にトイレに何度も起きることもなし!と、本当に楽でした。
私の友人なんかは、夜中は、2時間おきにトイレに行ってたとか?寝れないじゃない!私は、外出したときはやたらとトイレに行くけど、家にいるときは普通。早朝に寒くて目がさめ、ついでにトイレに行く程度。
あとは、食べるものによっては、たまに吐いてました。

妊娠は病気じゃない!家事も普通にこなし、適度な運動(私の場合は、平日のマタニティーヨガ)が大切。そうじゃないと、初期に太ってしまうと、あとあと大変なことになってたなあ・・と思いました。
あと、日本にいるともっと太ってただろうな・・・だって食べ物がおいしいじゃない?(笑)

用意は万端!あとは、「その日」が来るのを待つのみ。意外と予定日に産まれるんじゃないかなあ・・と思ってます。

私たちが望むのはただ一つ、健康で産まれてきてくれますように・・
[PR]
by stetomo | 2008-11-18 21:18 | Hospital(病院)

病院内を見学

先週の木曜日の夜、病院内見学ツアーがあり、母親学級で顔をあわせてるママさんと旦那様がたちが病院に集まりました。

はじめに、1時間ほど、「どうなったら病院へ行くか?」「出産、出産後の様子」などの説明があり、そこから雨のなか、別の病棟へ移動しました。

まずは モニター室
陣痛や、病院に救急で行った場合、または出産予定日を過ぎた場合、まずここで分娩監視装置(モニター)を受け、赤ちゃんの心拍や、子宮の収縮をチェック。

そのあと 分娩室 へ移動

日本の病院をTVでしか見たことがないのでなんともいえませんが、イタリアの分娩室は普通の病室に、トイレとシャワー、いろんな器具がまわりに置かれているだけでした。ベッドも普通のベッド。TVとかだと、足を乗せるところがあって、いきむときに手で掴むところがあったような・・・?
こんなのでいいのかしら?と思いつつ、別の部屋へ。

そこもちょっと大きめ病室。でも、真ん中にはで~んと大きな青いバスタブがおかれ、天井からは太いひもがつるされていました。ここは
水中出産 のための部屋

20人ちかくいたママの中で、水中出産を希望してるのはたった一人だけでした。私は、どこかで水中出産はお湯が熱くないから、時間がたつと寒くなる・・・と読んだことがあるので、夏ならまだしも、今の時期はパス。それに、水中だとなんだか落ち着かないような気がして・・・

そのあとは、普通の病室へ移動。ここでも、ちょっとびっくり。日本だとたいていは、新生児室があって、決まった時間に赤ちゃんを見ることができますが、イタリアは二つの病室の間に新生児室があり、ガラス越しに24時間、赤ちゃんと一緒。
病室はどこも二人部屋で、シャワーとトイレ完備。授乳も、自分の病室で。ちなみに、低体重で産まれた赤ちゃんも保育器にいれられ、お母さんの病室で、お母さんの隣でケアを受けるようです。

こういう状況だと、24時間赤ちゃんの様子がわかるし、、家族や友人も面会時間に病室から赤ちゃんを見ることができていいねえ・・・なんてSteちゃんと話してました。

私が通ってる病院は、特に問題がなければ、出産後72時間で母子ともに退院。出産前に、どういうところで出産するか?見ておくだけで、少し安心。あと、3週間もすれば、赤ちゃんとご対面。大きなお腹ともお別れです。待ち遠しいような、ちょっと怖いような・・・(笑)
[PR]
by stetomo | 2008-11-03 18:24 | Hospital(病院)
昨日の午後は、2回目のCorso di preparazione al parto(母親学級)がありました。11月中旬から下旬出産予定の19人の妊婦さん。アジア人は私だけ・・・(汗)みんなお腹が大きくて、初めて行ったときは、私のお腹が小さくて、なんだか心配してしまいました。

少し厚めのヨガマットが並べられた広い部屋で、まずはエクササイズから。むくみと、こむらがえり予防、あとは腰痛対策の体操を30分ほど、助産婦さんの指導のもと、行います。。中には、大きなお腹だど難しいものもあるようで、何人かのママさんはうなってました。
そのあとは、ひたすらお話。運動したあとは、はっきりいって眠くなります(汗)ただでさえ、暖かい室内、しかも話してる内容は難しくて、半分くらいしかわからない私には、眠気と戦わないといけないので、つらいです。

いろんなことを質問するママさんたち。でも、中には話を聞かずに、他の人が質問してても平気で横入りして質問したり、隣の人と話し込んだり・・・助産婦さんも大変です。そうなると、私にはチンプンカンプン。眠気を通り越して、退屈になってくる・・・だって、わかんないし。

1回、1時間45分、最後の5分間は、リラックスタイム。ここも危ないところ、うっかり本気でリラックスしちゃうと寝てしまいます。そして帰りには、おみやげ
昨日はこんなものをもらいました

b0110467_191804.jpg
箱は立派なんですけど、中身は出産準備のチラシやカタログがほとんど。あとはサンプル。昨日はパ○ンパースが1枚と、妊娠線予防のクリーム、エアロゾール(鼻掃除の薬)と雑誌(7月号)。ちなみに1回目は、栄養剤(5錠)、消毒液のサンプルをもらいました。


そして、今日は定期健診日 予約時間の30分後に先生登場。「緊急ごとがあったから・・・」と言い訳してましたが、看護士さんたちでさえ、予約時間より遅れてくるから、予約時間の意味がありません。

いつものとおり、血圧、体重測定、内診。体重は思ってたより、増えてて焦った。食べる量はほぼ同じ、おやつもリンゴとかだけなのに、なんで体重が増えるの?!と不思議。
赤ちゃんの心音は元気に動いてました。無痛分娩の話をして、テストをうけることになりました。でも先生は、
「そんなことしなくても、普通に十分産めますよ」
看護士さんには
「当日、無痛分娩が受けれるかしら?」みたいなことをいわれました。こちらでは、無痛分娩は、計画分娩ではなく、「運」かもしれません(汗)なにより、10月の定期健診も、全て順調

あと1ヶ月、これ以上体重が一気に増えませんように・・・無事に無痛分娩が受けられますように。
[PR]
by stetomo | 2008-10-21 19:54 | Hospital(病院)

説明会

土曜日は朝から、病院で説明会。10時15分から始まったのは、助産婦部長さんらしき人のお話。集まったカップルは30組以上いて、11月中旬以降が予定日の人ばかり。
私の目がいくのは、他のお母さんたちのお腹の大きさ!体型にもよるんだろうけど、臨月?と思うくらい大きい人もいれば、私くらいの人もいました。

しおりを渡され始まった説明会。でも説明というより、この先生は「どうして、母親学級に参加したんですか?」とか、質問ばかり・・・
そうしてるうちに時間になり、ひとりの男性医師が入ってきて、いきなり交代。この男性医師は、産婦人科部長さん。女医さんと違って、イスに座りいきなり大きな声で話しだしました。

しかし・・・

なまりがひどくて、わたしほとんど理解できませんでした(汗)

しかも、話し方が田中角栄さんのよう・・・Steちゃんも、
「話し方も、内容もまるでコメディアンだ!」といって、笑ってました。
12時には終わるはずが、12時をすぎても終わらない。しかも、弾丸トークで終わる気配なし。座ってるイスはプラスティックで硬くて冷たい。そんなところで2時間以上も座っていられず、思わず・・・

帰りたいよ~

と、訴える私。10分待ったあと、終わりそうにもなかったので逃げてきました(苦笑)


そして、昨日の夜は小児科の先生のお話を聞きに行ってきました。集まったメンバーは土曜と同じ。食生活や、赤ちゃんの世話、妊娠&出産に関する説明がかかれたしおりを渡され、お話開始。彼女の話し方はとてもわかりやすかったけど、やっぱり専門用語は、まだまだわからない・・・ってことで、ボーっと聞いてると眠たくなってました。

少しだけ聞いた話では、
●イタリアでは、赤ちゃんを仰向けで寝かせるのが普通
●イタリア以外で、粉ミルクを買うと安い!といわれてるが、品質は微妙
●妊婦や赤ちゃんに対しての食生活は、思ってたより細かく指示がある

一方的に話す、産婦人科の先生とは違い、質問に的確に答えたり、内容はとてもよかったです。時間も予定より早く終わったしね。

10月からは私だけが参加する母親学級。言葉が心配だけど、まあなんとかなるか?!と楽天的。そのなかには、体操や赤ちゃんの世話などが含まれ、10月の最後には夫婦そろって病院の中を見学するツアーがあるようです。分娩室がどんな感じか?楽しみ♪
[PR]
by stetomo | 2008-09-23 20:33 | Hospital(病院)

診察日(9月)

今日は月に一度の診察日。予約時間はいつもの中途半端な時間、8時50分
10分前に病院に到着。血液検査と尿検査の結果をSteちゃんに取ってきてもらっている間に、先に診察室がある建物へ。さすがに早い時間だったので、女性が一人待ってるだけでした。今日は長い時間待つことはないなあ・・・なんて、思ってたら甘かった(苦)結局、30分近く待ちました。

今日の先生は、5月に出産した友人のお勧めのいつもの先生。先月は、緊急ごとがあったせいで、別のかなり年配の先生で、耳が遠く、言葉もわかりにくかったけど、この先生だと安心。
その先生の横には、助手らしき女性の先生がいました。

血圧を測り、下の服を脱いで、診察台へ。自分で足を広げる瞬間、これがなんだかと~っても恥ずかしい。今回は助手の先生が診察。赤ちゃんの心音を聞こうと、ジェルを塗ったあと機械をあてるんですけど・・・なかなか聞こえない。どうやら、赤ちゃんがあまりにも動きすぎて、どこに心臓があるの特定できないとか・・・(汗)確かに診察台で私のお腹は、看護士さんも笑うほど・・・

波打ってました(恥)

しばらくして、看護士さんが探し当てた?ので、無事に心音が聞こえました。

先週は、お腹が張ってちょっと心配してましたが、子宮はちゃんと閉じていたので、何も心配はないということで、よかったよかった。

血液検査の結果は同じ。赤血球系の値が低いので、引き続き鉄分の薬を飲むことと、尿検査は異常なし。妊娠糖尿病の心配もなしということでした。でも、来月また尿検査。体重は1kg増。

あとは、無痛分娩のことも相談。血液検査で事前テストをしないといけないそうです。でも、イタリアでは無痛分娩を希望していても、出産当日、麻酔士がいなくて自然分娩だった・・・って話がよくあるらしいので、あまり期待はしてませんが(苦笑)

別の小さな部屋で着替えてる間に、Steちゃんは私のことも忘れ、先生たちに挨拶して出て行こうとしてました。着替えながら、

一人で置いてかないでよ~!

と、思ってたら、先生に呼び止められて、やっと私の存在に気がついたようでした。ははは、ありがとね・・・(怒)
[PR]
by stetomo | 2008-09-16 18:58 | Hospital(病院)

検査日

昨日は朝早くから、病院へ検査に行ってきました。朝食抜きで、フラフラしながら病院へ。7時半からの受付に、8時ごろ着いたら、すでにたくさんの人。

今回も、家から尿は持っていきました。薬局で事前に専用の入れ物を買ったんですけど、これが意外と大きくて(コーヒーカップくらい)、「いつもどれくらいいるのかしら?」と思いつつ、半分もいれずに持っていってます。
いつも病院で、この尿を持ってきてる人たいに目が行くんです。だって、みんなそれぞれ個性があって、元々箱入りで中は見えなくなってるんですけど、それを袋2枚くらいにいれたり。ある人は、容器だけを持ってきたり。ちなみに、私は箱にいれるだけで、「もれないかな・・・」と思いつつ、そのままカバンにいれてます。

さて、今回の検査は前回と同様「赤血球」とトキソプラズマの検査(トキソプラズマとは?)そして、父が糖尿病でもあるので、私も糖尿病の検査を(尿糖検査)を受けてきました。はっきりいって、わたし

注射、キライなんです

今回は男性の方だったんですけど、はっきりいって、下手でした。血液を採取してるときから、血が下がっていく感じがして、気が遠くなりそうでした。その後、糖尿病検査のために液体(とても甘いシロップのようなもの)を飲まされ、1時間後にまた血液採取をするそう。

ボーっとしながら1時間待って、今度は体の大きなおばさまのところで血液採取。このかた、と~っても下手でした。針がささる瞬間痛いのはわかるけど、やってる最中も痛いって、どう?

血液はた~っぷりあっても、質が悪い私の血液。今まで献血で、赤血球の値が低くて、受け付けてもらえたことがありません(汗)
朝食抜きで2度も血を抜いたせいか、フラフラ&ボーっとしながら、とりあえずBarでブリオッシュを1つ食べて帰宅しました。

アパートの門のところまでSteちゃんに送ってもらい、そのあとどうやってたどり着いたか、何をしたか?覚えてなかった。家について、バナナを食べ、パンを1枚食べたことを思い出し、ガーゼを当ててたところをみると、血管は少し腫れ、ガーゼにも出血のあとが!

やっぱりあの人、下手でした・・・結果は1週間後。出産まで、まだまだ検査はつづく・・・(苦)
[PR]
by stetomo | 2008-08-28 19:10 | Hospital(病院)

診察日(7月)

火曜日に毎月の検診に行ってきました。今回の先生は、アメリカ人の友人で5月に同じ病院で赤ちゃんを産んだ彼女が、お薦めの先生。英語も話せるし、いい先生だとか・・・

今回の予約時間は10時10分

前もって友人から、「絶対に遅れるから、早く行くことないよ!」といわれてたので、ちょうど予約時間につくようにいったら、案の上、3人ほど待っていました。まだ先生は来てないのかな・・・と思ってたら、診察中だったよう。

そして、患者さんが出てきたとき、先生と看護士さんが一緒に出てきて、別の部屋へ。他の看護士さんたちが出入りしてるところをみると、どうやら休憩室のよう。それにしても先生、KFCのKサンダースみたいだったわ!

先生ったら、患者が待ってるのに、のんきにコーヒーブレイク

休憩取るなら、その時間に予約の患者をいれないでよ!って思いました。何人待ってても、気にせず、休憩。20分くらいして、ようやく診察開始。

アメリカ人の友人もちょうど診察日で、彼女は予約時間は10時50分。その時間になっても、まだ私たち待っていました・・・(涙)
2ヶ月になる彼女の赤ちゃん、お母さんに似て背が高く、顔はお父さんにそっくり。Steちゃんも1ヶ月以上ぶりにみて、大きくなった!とビックリしてました。


そして、1時間以上待って、ようやく私の番。部屋に入っていき、その朝にもらった血液&尿検査の結果をわたして、診察開始。内診をしたあと、赤ちゃんの心音を聞かせてもらえました。相変わらず心音は早い、早い。

その後、お腹が張って、たまに痛いことをつげると、
「痛みがひどいときは、○○(イタリアでは有名な鎮痛剤)をのみなさい」というから、ビックリ。
っていうか、私妊婦なんですけど、そんな市販の鎮痛剤飲んでいいんですか!?!?Steちゃんと二人で、「今の先生の話、聞いた?」なんて目で言葉を交わしながら、驚いてました。
あまりにも普通にいうから、突っ込まずに聞き流しました(苦笑)

来週の水曜日、エコーを受けるという話をすると、
「じゃあ、次(2回目)は10月の終わりだね」

10月の終わり?!

確か、3回目まではエコーは無料という話を聞いてて、10月に2回目をするとなると、3回目はいつですか?って感じ。そのときは、何も聞かずに帰ってきたけど、あとあと「おかしくない?もっと前じゃない?」と思い始めました。だって、10月終わりだと、へたしたら産まれてもおかしくない時期・・・先生の勘違いでしょうか。今度、聞いてみないと(汗)

こうして、待たされて疲れきった診察日。特にいい先生というわけではなかったけど、8月の検診もこの先生の診察日を選びました。次はどんなことでびっくりすることやら・・・


そうそう、Steちゃんがたまたま私のお腹に手をあててたときに、赤ちゃんの胎動を何度か感じたんです。そのときはとても大きく2度パンチされるような感じだったので、Steちゃんにもわかったようです。あまりにも大きくてビックリ。

きっと男の子だ!

というSteちゃん。来週のエコーで、もしかしたら性別がわかるかもね♪
[PR]
by stetomo | 2008-07-12 22:47 | Hospital(病院)

診察日

昨日は、1ヶ月に1度の検診日。引越し先の近くの公立病院へ変わり、初めての診察。前回の診察では、ちょっとびっくりしたことがあり、診察といってもちょっとビビッていました。

予約時間は、13時50分 中途半端なんて、つっこまないで・・・(笑)
もちろん、そんな時間とおりに診察が開始されるわけもなく、30分待たされて始めて、他にも待っていた人が呼ばれた。私たちが呼ばれたのは3番目。

昨日は、にこやかな感じの女医さんでした。今までの診察経過と、日本で撮影した3Dの写真(もちろんカラー♪)を見せてから、先日行った血液&尿検査の結果を手渡した。いつものことだけど、赤血球の成分でひっかかっていました。日本ではパスしたのに・・・と思ってたら、今考えたら、私日本ではご飯食べた後に検査受けてたわ!どうりで!(と、ひとり納得)
お約束のように、いつも引っかかる項目で引っかかりました。再検査を言われ、ちょっとショック。

そうそうビックリするのが、イタリアの検査システム。といっても、私が受けたのは血液&尿だけだけど、診察のあとにするのではなく、平日の朝7時半から9時半に検査病棟へ行って検査だけを受けます。

食事をとらずに検査病棟へ行き、まず受付。妊婦の場合は検査内容によっては、払うものもあります。番号が呼ばれたら、血液検査。そこは2つの部屋に分かれてて、技師の人は、ひたすら注射を打っては採血。

そのあと、尿検査。日本の紙コップと少し違った形のカップ(番号が書いてある)を手渡され、自分で容器に尿をいれて、技師さんのところへ持って行くんだけど、
Steちゃんに「カップは?」と聞かれ、いらないだろう・・・と思ったから捨ててしまってて、あわててゴミ箱の中を探して洗って、カップの中に容器をいれて持って行きました。まあねえ、容器だけだと尿が丸見え・・・(恥)
検査結果は、1週間後に自分で受け取りにいくと、封書で渡されます。


これをまたやるのか・・・と思ったら、今度はどうやら違うよう。なんと、尿検査は病院でせずに、家でやってきてね♪だって。薬局で容器を買って、家から持っていくなんて!びっくりだわ。

なんで?なんで?とSteちゃんに聞いたら、みんなが尿検査をしたら、トイレが少なくて大変だろう?そうだ!よ~く考えると、トイレが確かに1つしかなかった!家で検査をしてもっていくと、トイレの水道代、紙代が節約されるのよね。まったく変なところ、頭が働くわね(苦笑)

診察はといえば、赤ちゃんは順調。おもちゃのような小さな機械で心音を聞かせてもらえました。心音が思ってたよりも早くて、二人してビックリ。
最近、つわりが治まったと思ったら、めまいがひどい。検査結果次第では、薬が出るかな・・と思いつつ。来月のエコーで、赤ちゃんがどれだけ大きくなったかを見るのが楽しみ♪

公立の病院だと、無料だからいいけど、毎回エコーが見れないのが残念。ともかく、赤ちゃんは元気です(笑)
[PR]
by stetomo | 2008-06-14 00:28 | Hospital(病院)