このブログはSte&Tomoのイタリアでの生活を書いたものです。


by stetomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

説明会

土曜日は朝から、病院で説明会。10時15分から始まったのは、助産婦部長さんらしき人のお話。集まったカップルは30組以上いて、11月中旬以降が予定日の人ばかり。
私の目がいくのは、他のお母さんたちのお腹の大きさ!体型にもよるんだろうけど、臨月?と思うくらい大きい人もいれば、私くらいの人もいました。

しおりを渡され始まった説明会。でも説明というより、この先生は「どうして、母親学級に参加したんですか?」とか、質問ばかり・・・
そうしてるうちに時間になり、ひとりの男性医師が入ってきて、いきなり交代。この男性医師は、産婦人科部長さん。女医さんと違って、イスに座りいきなり大きな声で話しだしました。

しかし・・・

なまりがひどくて、わたしほとんど理解できませんでした(汗)

しかも、話し方が田中角栄さんのよう・・・Steちゃんも、
「話し方も、内容もまるでコメディアンだ!」といって、笑ってました。
12時には終わるはずが、12時をすぎても終わらない。しかも、弾丸トークで終わる気配なし。座ってるイスはプラスティックで硬くて冷たい。そんなところで2時間以上も座っていられず、思わず・・・

帰りたいよ~

と、訴える私。10分待ったあと、終わりそうにもなかったので逃げてきました(苦笑)


そして、昨日の夜は小児科の先生のお話を聞きに行ってきました。集まったメンバーは土曜と同じ。食生活や、赤ちゃんの世話、妊娠&出産に関する説明がかかれたしおりを渡され、お話開始。彼女の話し方はとてもわかりやすかったけど、やっぱり専門用語は、まだまだわからない・・・ってことで、ボーっと聞いてると眠たくなってました。

少しだけ聞いた話では、
●イタリアでは、赤ちゃんを仰向けで寝かせるのが普通
●イタリア以外で、粉ミルクを買うと安い!といわれてるが、品質は微妙
●妊婦や赤ちゃんに対しての食生活は、思ってたより細かく指示がある

一方的に話す、産婦人科の先生とは違い、質問に的確に答えたり、内容はとてもよかったです。時間も予定より早く終わったしね。

10月からは私だけが参加する母親学級。言葉が心配だけど、まあなんとかなるか?!と楽天的。そのなかには、体操や赤ちゃんの世話などが含まれ、10月の最後には夫婦そろって病院の中を見学するツアーがあるようです。分娩室がどんな感じか?楽しみ♪
[PR]
by stetomo | 2008-09-23 20:33 | Hospital(病院)