このブログはSte&Tomoのイタリアでの生活を書いたものです。


by stetomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

診察日(9月)

今日は月に一度の診察日。予約時間はいつもの中途半端な時間、8時50分
10分前に病院に到着。血液検査と尿検査の結果をSteちゃんに取ってきてもらっている間に、先に診察室がある建物へ。さすがに早い時間だったので、女性が一人待ってるだけでした。今日は長い時間待つことはないなあ・・・なんて、思ってたら甘かった(苦)結局、30分近く待ちました。

今日の先生は、5月に出産した友人のお勧めのいつもの先生。先月は、緊急ごとがあったせいで、別のかなり年配の先生で、耳が遠く、言葉もわかりにくかったけど、この先生だと安心。
その先生の横には、助手らしき女性の先生がいました。

血圧を測り、下の服を脱いで、診察台へ。自分で足を広げる瞬間、これがなんだかと~っても恥ずかしい。今回は助手の先生が診察。赤ちゃんの心音を聞こうと、ジェルを塗ったあと機械をあてるんですけど・・・なかなか聞こえない。どうやら、赤ちゃんがあまりにも動きすぎて、どこに心臓があるの特定できないとか・・・(汗)確かに診察台で私のお腹は、看護士さんも笑うほど・・・

波打ってました(恥)

しばらくして、看護士さんが探し当てた?ので、無事に心音が聞こえました。

先週は、お腹が張ってちょっと心配してましたが、子宮はちゃんと閉じていたので、何も心配はないということで、よかったよかった。

血液検査の結果は同じ。赤血球系の値が低いので、引き続き鉄分の薬を飲むことと、尿検査は異常なし。妊娠糖尿病の心配もなしということでした。でも、来月また尿検査。体重は1kg増。

あとは、無痛分娩のことも相談。血液検査で事前テストをしないといけないそうです。でも、イタリアでは無痛分娩を希望していても、出産当日、麻酔士がいなくて自然分娩だった・・・って話がよくあるらしいので、あまり期待はしてませんが(苦笑)

別の小さな部屋で着替えてる間に、Steちゃんは私のことも忘れ、先生たちに挨拶して出て行こうとしてました。着替えながら、

一人で置いてかないでよ~!

と、思ってたら、先生に呼び止められて、やっと私の存在に気がついたようでした。ははは、ありがとね・・・(怒)
[PR]
by stetomo | 2008-09-16 18:58 | Hospital(病院)