このブログはSte&Tomoのイタリアでの生活を書いたものです。


by stetomo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検査日

昨日は朝早くから、病院へ検査に行ってきました。朝食抜きで、フラフラしながら病院へ。7時半からの受付に、8時ごろ着いたら、すでにたくさんの人。

今回も、家から尿は持っていきました。薬局で事前に専用の入れ物を買ったんですけど、これが意外と大きくて(コーヒーカップくらい)、「いつもどれくらいいるのかしら?」と思いつつ、半分もいれずに持っていってます。
いつも病院で、この尿を持ってきてる人たいに目が行くんです。だって、みんなそれぞれ個性があって、元々箱入りで中は見えなくなってるんですけど、それを袋2枚くらいにいれたり。ある人は、容器だけを持ってきたり。ちなみに、私は箱にいれるだけで、「もれないかな・・・」と思いつつ、そのままカバンにいれてます。

さて、今回の検査は前回と同様「赤血球」とトキソプラズマの検査(トキソプラズマとは?)そして、父が糖尿病でもあるので、私も糖尿病の検査を(尿糖検査)を受けてきました。はっきりいって、わたし

注射、キライなんです

今回は男性の方だったんですけど、はっきりいって、下手でした。血液を採取してるときから、血が下がっていく感じがして、気が遠くなりそうでした。その後、糖尿病検査のために液体(とても甘いシロップのようなもの)を飲まされ、1時間後にまた血液採取をするそう。

ボーっとしながら1時間待って、今度は体の大きなおばさまのところで血液採取。このかた、と~っても下手でした。針がささる瞬間痛いのはわかるけど、やってる最中も痛いって、どう?

血液はた~っぷりあっても、質が悪い私の血液。今まで献血で、赤血球の値が低くて、受け付けてもらえたことがありません(汗)
朝食抜きで2度も血を抜いたせいか、フラフラ&ボーっとしながら、とりあえずBarでブリオッシュを1つ食べて帰宅しました。

アパートの門のところまでSteちゃんに送ってもらい、そのあとどうやってたどり着いたか、何をしたか?覚えてなかった。家について、バナナを食べ、パンを1枚食べたことを思い出し、ガーゼを当ててたところをみると、血管は少し腫れ、ガーゼにも出血のあとが!

やっぱりあの人、下手でした・・・結果は1週間後。出産まで、まだまだ検査はつづく・・・(苦)
[PR]
by stetomo | 2008-08-28 19:10 | Hospital(病院)