このブログはSte&Tomoのイタリアでの生活を書いたものです。


by stetomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

巻き寿司

8月のある日は、結婚式で立会人をしてくれたカップルの女の子、Bちゃんの誕生日。プレゼントは、先日訪れたフェスタで買ってありました。たまたま、彼女の誕生日の話をしてたときに、

お寿司が食べたい

といわれ、イタリアに来てから初めて、お寿司を作ることになりました。でも、問題が・・・

それは、米。お寿司を作るのに、米はとても重要なポイント。うちには頼りの炊飯器もないし、イタリアの米を鍋で炊いて、おいしい寿司ができるのか?

それに具財。ステちゃんは魚介類をいっさい食べません。なので、中身を何にするか?
いろいろ考えながら、土曜の朝、スーパーへ買い物に行き、材料を買ってきました。そして、1時間半くらいはかかるかな?と見越して調理にかかりました。

まず、中身は
①ツナマヨ
②スモークサーモンとクリームチーズ
③チキン(味噌とインドネシアのピリ辛ソースであえたもの)

共通の具として、薄焼き卵、きゅうり、レタス、人参(赤み。ホントは蟹カマがほしかった)
お米は5合炊き、作った寿司酢(酸っぱさ控えめ)であえました。1本目を私が見本で巻き、その次、ステちゃんが挑戦。

b0110467_2342959.jpg
途中で、「助けて!」といわれました(笑)

b0110467_234253100.jpg
その次は手伝いにやってきたBちゃんが巻き、結局9本巻きました。上手に巻けてるのも、あるでしょ?

b0110467_23433852.jpg
お寿司だけでは足りないかも?と思い、一緒に鶏肉とカシューナッツの炒め物。スパイスやソースが足りず、あるものでアレンジ。意外と好評でした。

9本巻いたうち、7本切って、2本は2人のお土産に。マンマが「ティラミス」を作ってくれてましたが、お腹いっぱいで、ちょっとしか食べれなかった。みんなは、ご飯なのに軽くて食べやすい!といって、お箸を上手に使って食べてました。お米も意外とうまくいき、巻き寿司を体験したので、楽しかったようです。中身が上手に真ん中にこなかったので、難しい・・・ともいってました。

大切な友人が巻き寿司を自分で巻き、それを食べ、おいしかった!といってくれたので、私もとても嬉しかったです。
[PR]
by stetomo | 2007-08-15 00:01 | Life(生活)