このブログはSte&Tomoのイタリアでの生活を書いたものです。


by stetomo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ご報告

昨日は、私の血液検査のために、朝から病院へ。しばらく時間をおいて、診察。これが初めての公立の病院での診察でした。何の診察かといいますと・・・産婦人科でございます。

なんと、わたし二人目ができちゃいました


わかったのは12月。来るものが来ず、10日遅れてやってきた!と思ったら、1日でストップ。でも出血が続き、まさかね・・・なんて思いつつ妊娠検査薬を使ってみると陽性反応しかも、イタリアの検査薬、何週目・・・なんて出てくるからビックリ。

とりあえず、友人にどういう段取りをふめばいいのか相談。息子のときは、日本でしばらく産婦人科にかかっていたけど、イタリアでは全く初めて。で、公立の病院に診察の予約をいれることにしました。

ところが!

ここはイタリア。じゃあ、明日診察に・・・なんてことは絶対にありえない話で、12月中旬に予約をとりにいって、予約がとれたのは2月1日。これじゃあ遅すぎる!だって、出血してましたから・・・それじゃあってことで、プライベートの先生にみてもらおうと予約をいれたら、クリスマスホリデイのため、早くて1月8日でした。とりあえず、その日も予約をいれました。

ところが!

大雪がふった次の日にかなりの出血。これはやばい、救急に行こう!と思ったけど、雪のせいで車がでられず、その次の日に行ってきました。出血はあるけど、赤ちゃんの心臓はちゃんと動いてますといわれ、一安心。安静にするのと薬を飲むように言われました。そのときは、まだ授乳を続けていました。

そして、年末間近にまたまとまって出血。これもやばい!とまた救急へ。言われたことは同じ。できるかぎり安静にするのと、授乳を止めるように言われました。急遽断乳。息子ははじめて飲むミルクに戸惑ったようでしたけど、すぐに馴染みました。そして、出血は結局1ヶ月以上続きプライベートの先生の診察。その先生も同じ意見でした。安静と薬を飲むように・・・と。そして、あのウィルス騒動。

体調が悪い上に、妊娠してる体で付き添うのは、大変でした。息子は10kg以上あるから、抱っこするのも大変。ソファで抱っこするにも、お腹を圧迫するから長時間はきつくて。そして、嘔吐下痢。私はつわりがあるから、Steちゃんよりも前に吐いてたし、ウィルスも早く出て行ったのか、3日間程度でした。でも、体調は1週間以上悪かったから、ホント大変でした。体重も落ちて、Steちゃんの心配も急上昇!

でも、昨日の診察で心音が聞こえなかったので、急遽エコーをしてもらい、赤ちゃんが元気に動いてるのを確認。ただいま6cmちかくあり、順調に育っているようです。出血も止まり一安心。こうして、ようやく報告ができたというわけです。

今年の8月、私たちに新しく家族が増えることになりました。あまりPCを開く時間がありませんが、ぼちぼち妊娠記録を書いていこうと思います。皆様、こりずにお付き合いくださいませ。

Ste & Tomo
[PR]
by stetomo | 2010-02-02 22:52 | About us(2人のこと)