このブログはSte&Tomoのイタリアでの生活を書いたものです。


by stetomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

初めての入院

あけまして・・・のごあいさつから、すっかりご無沙汰でした。その間、私たちちょっと大変なことになってました。というのも、息子ちゃん生まれて初めて入院

ことのはじめは、先週の月曜日。朝から喉がゴロゴロ、熱も少しありました。休み明けに私も一緒になってどうやら風邪をひいたよう。火曜日になっても熱があったので、Steちゃんは仕事を休んで家にいてくれました。息子ちゃんは熱が引き続きあり、朝ごはんは普通に食べたけどすぐに下痢。普段、午前中にミルクをあげるんだけど、下痢なのでストップ。昼食は普通に食べたけど、またしても下痢。お昼寝をして、おやつをあげたけどまたまた下痢。間で、日本から持ってきた子供用のイオンドリンクを作って飲ませました。

気になったのが、夕方の3時間以上オシッコを全然してなかったこと。布オムツ育児だから、一目でわかります。そして、夕食にはおかゆを作ったけど、誰かさんがチーズをいれちゃったもんだから、一口も食べませんでした。これはダメだ!と思い、りんごをすって食べさせることに・・・これは全部食べました。その日はそのまま就寝。そして、夜中・・・

咳き込んだなあ・・・と思ったら、いきなり泡を吹いて、夕食に食べた摩り下ろしたりんごを吐いた!

喉に詰まったら息ができない!と思い、慌てて息子の体を起こし、Steちゃんを呼び、救急へいかないと!と叫んでました。オシッコがでないのと、嘔吐下痢。脱水症状を起こしてる・・・と思いました。息子の汚れた服を着替え、慌てて車に乗って救急へ。

人が少なかったせいか、すぐに受付。小児科の病棟へ。看護士による問診のあと先生の診察。やっぱり夜も全然オシッコをしてませんでした。小さなコップにイオン飲料(これがかなり塩辛い)をもらい、小さじ1杯を5分おきに飲ませるようにいわれました。そして30分以上たってオムツを見ると、やっぱりオシッコが出てない。
結局、入院するように言われそのまま点滴につながれちゃいました。腕に点滴がつながれ、ひじの辺りには固定するために板があてがわれ、とても痛そうでした。息子はどうやら、どこかでウィルスをもらったよう・・・

小さい子が入院するとなると、大人が24時間付き添わないといけません。その夜は姑を呼び、Steちゃんは一度自分の車を置きに一緒に家に帰り、入院の用意。戻ってきて、付き添いました。そこから大変でした。

息子は2日目、一度だけ吐き、下痢は続いていました。3日目には落ち着いたけど、食欲がまだ戻りませんでした。その間、今度はSteちゃんが嘔吐下痢、続いて私も・・・夜はSteちゃんが付き添い、日中は私か姑。私たちも嘔吐下痢でクタクタでした。

土曜日になって、食欲もでてきたし、退院していいといわれ、午後退院。そこから、5日間私たち3人とも病人職ばかりの生活でした。おかゆか、スープパスタ。おかげで3人そろって、痩せた痩せた。退院後1週間たって、ようやく普通の食事を始めた私たちです。

小さい子が病気をするとホント大変。どこが痛いともいえないし、何がほしいともいえないし。だから私たち大人が気をつけないといけないんだろうけど、ずっと家の中に閉じ込めて、ウィルスをもらわないようにするわけにもいかず。今回はたまたま運が悪かった・・・と思うことにします。

まだまだ、寒い日が続きますが、皆様お体にはお気をつけください。
[PR]
by stetomo | 2010-01-31 06:08 | Others(その他)