このブログはSte&Tomoのイタリアでの生活を書いたものです。


by stetomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

発熱

火曜日の朝、なんだか熱っぽい息子ちゃん。子供は体温が高いものだけど、今日は何だか違う。なんて思ってたら、午後には熱があがってきて、夕食もあまり食べなかったので、母乳を飲ませたあとで、タキピリーナ(解熱剤)を飲ませたら、母乳を滝のように吐いた。この薬、体重1kgにつき3滴、つまり息子は10kgだから30滴。吐いて汚れたものを着替えさせ、落ち着いてからもう一度飲ませたら、また吐いた・・・これではだめだということで、Steちゃんが救急に電話。薬局で座薬の解熱剤を買って入れるよういわれ、あわてて買いに走ってもらいました。

このとき38度。日本から持ってきて冷えピタをはって、就寝・・・。でも、咳が出始め2時間おきぐらいに起きてました。救急でいわれたとおり、薄くいれたカモミールのお茶に少量の砂糖をいれ、それを何度か飲ませました。

水曜日、熱がまだあったのでまた解熱剤をいれました。今度はかかりつけの小児科医に電話して、咳止めと喉の炎症をおさえる座薬を買うようにいわれ、寝る前にその座薬をいれました。
薬が効いてるのか、2時間くらいは爆睡。そこから、何度か起きてたけど、少しマシになった感じ。

木曜日は熱も37度までさがったので、解熱剤は使いませんでした。喉の座薬だけ使い様子をみました。元気に遊んでけど、食欲は少し減ったようなので、食事はおかゆに野菜のペーストをまぜたもの。おやつはりんごをすったものを与えました。

金曜日、朝また熱があがった感じ。前日と比べ、ぐずぐず言うのでもう一度解熱剤を使いました。1時間後、倒れるように眠り込む息子。薬が効いてたようです。午後はマシになり、熱もさがったせいか、元気に遊んでました。

Steちゃんはインフルエンザを心配してたけど、私はインフルエンザならこれくらいの熱じゃすまないはずだし、元気に遊んでるうちは大丈夫よ!と思ってました。心配性の彼は、プライベートの小児科医にも電話して、土曜日の朝また熱があるようなら診察してもらうよう話をしたようでした。

土曜の朝、熱はほどんどなかったけど、結局診察にでかけました。薬を上げたがった彼を私は止めました。だって、少々の熱や咳で薬上げる必要ないでしょ?薬を飲んだからって、すぐによくなるわけでもなし、子供は大人以上に時間がかかるものよ(とはいっても、人の話は聞かない彼)
結局同じことを小児科医にいわれてました。横で聞いてて、おかしかった。先生の診断では、きっとウィルスが喉に入って炎症を起こしたんだろうって。

夏時間がかわって、暖かい日曜日。残念ながら、今日もおうちでお遊び。元気なんだけど、用心ってことで。日本からもってきた冷えピタ、重宝してます。イタリア人には不思議がられるけど(苦笑)

まだまだインフルエンザが猛威をふるってますので、皆様ご注意を!

b0110467_23224982.jpg
お気に入りのページを開き、私が「寝んね・・」というと、頭をたれる息子。ある本にゴリラが寝てる写真が載ってて、それを見るたびにこのポーズをします(笑)
b0110467_2326541.jpg
まだ、歩けないくせに、Steちゃんがボールを蹴って見せると、自分も!と私の手を握ってボールを蹴る息子。
[PR]
by stetomo | 2009-10-25 23:27 | 子育て